2016/10/04

今日の母

DSCN0418 (2)

お気に入りのS先生の写真入れがバスタオルと同化していた件。
左手にはナースコールボタンを握りしめていました。

今日はお風呂に入れてもらったのですが、左足全体が痛いので気持ち良かったよりも、
痛かった方が勝ってしまったらしく「久々のお風呂、ヨカッタね~。」と言ったのですが
「全然良くなかった。」と眉間にシワを寄せていました。

そして、今日はシーツ交換の日だったのですが、自分で寝返りを打てない状態なのに、
ベッドに寝たままでシーツ交換をされたのにはビックラ仰天....と言うか怒り爆発!
それもテキパキと手際よくやってくれるのならばまだしも非常に手際が悪く、
見ているワタクシが顔を歪めてしまうほど。

当然、シーツをピーンと張ることが出来ず、シワだらけ!
そういうシワが褥瘡(じょくそう)の原因になるって―の知らんのか!と言いたくなりましたが、
そこはじっとガマンしつつ、でもあまりにもザツなので、「シワをもっと伸ばしてください。」
とだけ言いましたが、ぶきっちょなのかちっとも直らず。イラッとして、ワタクシが直しましたわよ。
お風呂に入っている時に交換してくれれば良かったのに。
または、ストレッチャーに移して交換でもいいのでは?

オムツ交換後にも 「この辺が何か違和感がある。」と言うので見てみると
パジャマのズボンがキチンと上がっていませんでした。
衣服にたるみやシワが残っていると皮膚が赤くなるだけではなく床ずれの原因になるって、
シロウトでもわかりそうなものですけどね。
毎回そんな感じなので、その旨、紙に書いて貼っておきましたが
うるせー女だ!とブラックリストに載っているに違いないですな!
関連記事
ナンテコッタ! | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

なかのひと