MRI検査

受けたのはワタクシではなく父ですが。

余程のコトがない限り、絶対に病院には行かないワタクシではございますが、
父は少々身体に異変があると、すぐに病院に行きます。
そのお陰で大腸癌の早期発見が出来て、術後3年、、、いや4年か?そのくらい経ちますが
経過は良好で今も元気に生きております。

で、先週受けたMRI検査の結果を本日聞きに行くコトになっていたのですが
その前に病院から、「脳に出血の痕があり血の塊もあるので緊急に手術した方が......。」
などと言う恐ろしい電話があったそうで。
頭を打ったコトがなかったか? とか、歩行が困難ではないか?などなど
いろいろと電話で質問されたそうなのですが、とりあえず大丈夫そうなので。
と言うことで、今日詳しい話を聞いてきたそうです。

で、結果的には手術は必要なく、薬で治せる。と言うお話だったとか。
あー、良かった良かったねー。 と母と喜んでいたのですが、
父ったら 「手術が必要なら、頭蓋骨をかち割ったりするのですかねー?」
なんて伺ったそうです。オッソロシー!
「イマドキ、カテーテル使うんじゃないの?、頭蓋骨に穴を開けるんでしょ?」
と聞いたら 「おー。良く知ってるなー。そうなんだってさ。」と笑っていましたが........。
頭蓋骨かち割るって、、、、ねー。

そもそも父は、手術など全く怖くないそうです。事実、何度も手術しています。
自然気胸は左右の肺で体験(?)済み。白内障の手術も両眼ですし。
大腸癌の手術は結構時間が掛かり、術後はゲッソリしていましたけどねー。

余談ですが。
術後に執刀医からの説明を受けた時、めいっこ×2もいまして
部屋に呼ばれた時に 「小さいお子さん、大丈夫でしょうかねぇ?」と言われ
ん? ナンノコト? と思ったら、すぐ目に入るところに摘出した病巣が!
大丈夫かって、、、もう見えちゃってるしー。 ってなカンジ。

で ワタクシはワタクシで、コレは父も見てみたいんじゃないか?と思い
「先生、コレは撮影しても良いですか?」と伺い 「父が見たかった!と言うと思うので。」
と付け加えると、苦笑しながら 「イイですよー。」とおっしゃっていました。
案の定、翌日お見舞いに言った時に「いいもの撮影したよ!」と見せてあげたら 
「おぉ。よく撮ってくれたな!ありがとう。」と喜んでいました。
ん? 父も父ならワタクシもワタクシ、、、か?

ソンナワケで、皆様も身体に異変を感じたらソッコーで受診して下さいね!
(って、、、 おめーに言われたくないよ! とあちこちから聞こえてきそうだ!)
関連記事

3 Comments

There are no comments yet.

まー  

大事なくてなによりでした。m(__)m
本当ですね、早めの受診がいちばんです…。
てへっ!

あー、やっぱり写真撮らせてくれるんですねぇ。
デジカメ持参だったんですか?

先日、石のX線写真を見せてもらった時に
もう、ぜひぜひ写真撮ってUPしたかったんですが、
デジカメ持ってなかったんです。
携帯を出すのはマズイか…と諦めてしまいました。
がっくし。

2007/02/16 (Fri) 10:44 | EDIT | REPLY |   

卯月  

お父様、手術しなくてすんでよかったですね。
度胸の据わったお父様のようで手術をしても大丈夫そうでが、でもやはり身体にメスを入れないほうが治りが早いですものね。
どうぞお大事に。

>皆様も身体に異変を感じたらソッコーで受診して下さいね!

ありゃー、実に耳が痛い(あ、実際に痛いワケではありません(爆))お言葉。
とうとう病院に行かずにすませようと決めた私です(^_^;)

2007/02/16 (Fri) 12:17 | EDIT | REPLY |   

no_iron  

>まーさん

ありがとうございます。 
大事に至らなかったのでネタにしちゃいましたが、父にはナイショです。(笑)

早めの受診が病気の早期発見に繋がる!
と言うのはよ~~くわかっているのですが......。
なかなか行動に起こせません。父は通院マニアなのか?
と思うくらい、しょっちゅう病院にいっているみたいです。(^^;
入院も手術も未体験なワタクシは、本当に我慢できなくなるまで行きませんー。
ダメですよねぇ。そんなコトでは!

>あー、やっぱり写真撮らせてくれるんですねぇ。

どうなのでしょうねぇ? ダメですって言われたら「父が見たいと思うので。」
と言うつもりでいたのですが、ダメといわれる前に
ついつい言い訳がましく言ってしまいましたー!

>デジカメ持参だったんですか?

えぇ、モチロン!3~4年前なので画素数は小さかったですけど。(笑)
数日後、「抜糸前の腹の写真を撮ってくれ!」と頼まれ、撮影しましたし。たはっ。


>先日、石のX線写真を見せてもらった時に
>もう、ぜひぜひ写真撮ってUPしたかったんですが、

えー。ダメじゃないですかー。
そう言うネタものはぜひとも披露してください。
ワタクシ胃の中のように!
http://kin-tsubu.blog.drecom.jp/archive/120
↑キレイ(らしい)ですけど、グロなのがダメな方は見ないでね!

あ!「先生、そのX線写真のコピーを下さい!」とお願いするとか。(違)

>卯月さん

ありがとうござますー。
父は なんなんだ、この人は!ってなくらいヘッチャラなのですよ。
手術日には、たいていの人に奥さんやら身内が付き添ってくるらしいのですが
父は「別に来なくていいから。」と言い、ひとりで行っちゃいます。
ワタクシが高校から帰ってきたら「入院することになった心配無用。」
ナンテナ置手紙があったコトもありますし。
看護師さんに「付き添いの方は?」と聞かれ「いません。」と答えビックラされたとか。
大腸癌の手術の時には、ワンサカと揃って行きましたけどねー。

>ありゃー、実に耳が痛い(あ、実際に痛いワケではありません(爆))お言葉。

この記事は、卯月さんのために書いたようなものです。(笑)
耳はもう痛くないのですか? 
行かないことに決めた!とか行ってないで、早く受診して下さいー!

2007/02/16 (Fri) 12:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment