2017/04/07

銀二貫

DSCN2571.jpg

みをつくし料理帖を全巻、友に貸し出したコトがあり、返してもらう時に、
「数冊か足しておいたよ。」と友が読んだ本を数冊頂いたのですが、ずっと放置中でした。

数日前に、そろそろ読むか!と寝る前にベッドの中で読んでいましたが
おやすみ3秒のワタクシ、5分も読んでいられず....(^-^;
で、昨日ちょいと昼間に読み出したら止まらなり、一気に読了。

友は通勤電車の中で読んだと言っていたけれど、あんな内容をよく電車の中で読めるよなぁ~。
ワタクシは、読みながらボロボロと泣いてしまいました。
次々に辛いことばかり起きて、イッタイどうなっちゃうんだよ!
と思っていたけど、最後は本当に良かった~(T_T)

読了後、読書が好きだった母の仏前にお供えしました。
時代物は特に好きだったから、生きている内に読ませてあげたかったな。
たぶん一気に読了して、いい話だったねぇって言ったと思う。

みをつくし料理帖でもすべての料理を作ったそうですが
この小説でも、寒天を山のように買って何度も繰り返し作ったそうな。
取材もものすごく真剣に丁寧に時間をかけてするそうで。

感動しちゃったな~。友よ、良い本をありがとう!!!!!
関連記事
うっひょ~! | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« タコパー | HOME | 大島さん »

なかのひと