ちきゅう、戻る

DSCN2006.jpg

ちきゅうが半年ぶりに戻ってきました。

南海トラフで繰り返す巨大地震の仕組みを調べるため、紀伊半島沖の海底を掘削調査。
海底下約5200mにある岩石を採取する当初の計画は断念したが、
同約2800mで採取した岩石の成分や性質を分析し、地震の起こりやすさの推定を進める。
とのコトです。 

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment