日本和装 無料きもの着付け教室 3回目

今回は、名古屋帯の結び方と懇親会でした。

朝から、天気予報では 昼頃から雨が降る。とのコトでテンション急下降。
長襦袢、着物はモチロン、名古屋帯の結び方レッスンですから
帯と前板、帯揚げ帯枕などなど、先週にも増して荷物が増える。
その上、懇親会の和菓子とお茶購入の当番、、、というコトで更に荷物が......。

教室が開催される会場までは車で行くのですが、そこには駐車場がなく
道路を隔てた斜め向かいの駐車場に停めるのです。
その道路は交通量が結構多いのに横断歩道もなく、とても不便なのザンス。
ただでさえ荷物が多いのに、傘をささねば、、、ってなワケで、もう大変ー。
全くぅー! 雨は迷惑ザンスー。
で、今日は午前中の生徒が2人、娘さんの卒園式とかで午後の部にシフト。
午後の生徒は4人ですので、6人でレッスンでした。
2人増えただけで、かなりスペースが狭くなったような気がしましたので
普段の午前の部は8人だそうですが、かなり窮屈なのだわねー。としみじみ。

長襦袢の着方と着物の着方は先週習ったので、今日はサラリと。
でも衣文抜きがなかなか上手に出来ない人が約2名。
ワタクシは手が長いので、、、かどうかわかりませんが、なんとかクリア。

その後、「さぁ、これからが大変よ!みんな泣くわよ!」と言われ
名古屋帯の結び方レッスン。
詳細は割愛いたしますが、今まで適当にやっていた部分が
なるほど~!こういう風にすればキレイに処理出来るのねー。と納得の連続。

しかし、自分でやってみるとコレがなかなか難解で.....。
鏡を見ないで出来なくっちゃダメよ! と言われ、ほぇぇぇぇ~~~な状態でしたが
6人とも、なんとかお太鼓を完成させるコトが出来ました。

その後、帯揚げのキレイな始末の仕方と帯締めの結び方のレッスン。
持ち物が記載された紙には、
帯締め…どんなものでも良いですが平打ちのものが良いでしょう。
と書いてありましたので、平打ちのものがイイのかー。と思いつつも
締めやすいコレにしよぉ~っと。ってなワケで持って行ったのコレ。

20080319225012.jpg

そしたら、ワタクシ以外の生徒さんは全員平打ちを持参されていまして.....。(笑)
ワタクシが難なく締め終わって待っていると 「こう言う帯締めはカンタンなのよ!」
と言われちまいまして、 「みんなみたいなものの方が勉強になるわよ。」と駄目押し。
平打ちの素敵な帯締め、、、ないんだよなぁー。 と思っていたら
「教材としては、こう言う裏表がハッキリしているものが最適ね!」
と1人の生徒さんの帯締めをベタ褒め。 しかし、、、ソレって実際に使うのかしら?
ってなもの(赤地に金糸入り)でしたけど......。 まぁレッスン用には良さそうですが。(^^;

そんなワケで、全員なんとか無事に帯結びまで完了。
「午前中の生徒さんに比べて、文句も少なくて助かったわ~。」と先生。
その後、着替えて懇親会となりました。

懇親会は、4月にある帯セミナーの話。
先生がお召しになっていた琉球絣も、日本和装で購入したものだそうで
「普通で買ったら60万ぐらいするんだけど、日本和装では28万円よ。」
ナンテなさりげない宣伝。 ワタクシの目を見て 「あなた、好きそうよー。」とな。
ほえぇぇぇぇー。 確かにサワヤカでステキな絣でしたが......。
ちょいとサーチ掛けてみたら、コレとソックリ。 違うとは思いますが、、、似てる。

そしてビックラこいたのは、50代のオバサマの質問。
「その帯セミナーには、受講生しか行けませんか?」 てすってぇぇぇぇぇぇぇ。
先生、一瞬?????? だったご様子ですが、「着物がお好きな人?」と聞くと
「買いたいそうです。」 とオバサマ。 
「本来ならダメなんだけど、まぁねぇ、この教室は4人だからいいでしょう。」
と先生。 なんとなく口元が緩んでいたような.......。 先生にもバックマージンあるのかも?

さらにオバサマ、「出来ればレッスンも受けたいみたいです。」とな。
先生、苦笑しながら 「秋の教室参加すればいいんじゃない?」
ってなカンジで大盛り上がりの中、ワタクシはしばしあんぐり状態。
でも、そう言う人がいて下さればありがたしー! と密かに喜んでいました。

その後、前回の教室の生徒さんたちと一緒に行った京都日帰り旅行の話やら
この4ヶ月の教室が終った後も、ステップアップの無料の教室がある。
との話題になりまして。

その話は、日本和装の教室を受講したネット友からも聞いていて
最初の先生とは別の先生で、教え方が全く違ったので一からやり直し。
と言うようなコトになってしまった。と言う話を聞いたのですすけど......。
と思いきって(?)伺ってみましたところ、「まぁ、聞いた?聞いた?」 と笑いながら、
「ソレが日本和装の良くないところだと思うのよねー。」 とおっしゃっていました。

茶道や華道に流派があるのは構わないけれども、民族衣装を着るのに
流派は必要ない! と言うのが日本和装の社長の持論だそうで。
なので、いろいろな着付の教え方があって当然。と言うコトなのだとか。

「でも、私が教えた方法でやろうとすると、そんな風に習ったの?なんて
言われることもあるそうよ。」 なんて笑っていましたが。
まぁねー、無料なので文句を言う気はさらさらございませんが、、、、。
どうなんでしょうねぇー。

ちなみに。
もしランクアップの教室を受講するとなったら、同じ先生が教えて下さるそうで。
なので、「銀座結びを教えて頂きたいです!」と発言してみたところ
「教えるわよ~!」 とかなり乗り気でした。(笑)
はてさて、あとは他の3人が乗り気かどうか、、、ですな。

ソンナワケで、2時間のレッスンの予定が懇親会が盛り上がりすぎて
結局終ったのは1時間後。 なかなか熱心な先生でありがたいコトザンス~。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment