お詫び申し上げます.......

日本和装のセミナーでは、帯は買いません。と言うか買えません!
と断言していたワタクシ。
帯セミナーでもきものセミナーでも断固として購入に至りませんでした。
高くて手が出ないのはモチロンですが、それほどソソられるお品もなく.....。
と言うのも買わなかった要因のひとつ。

しかし、、、ですよ。
7月末にもヒトメボレしながら、高価すぎて買えなかった 西陣まいづる唐草
いつまでも脳裏に焼き付いて忘れられないまま受講した、ランクアップ教室のセミナー
その協力店、証紙番号56 のコチラには、ソソられる帯と着物がワンサカ!
グルリと一周見回して、その中の1本にヒトメボレしてしまったのザンス。

セミナー当日のネタには書きませんでしたが、、、。
す、すみませんー。 買っちゃいました。
そしてその帯が一昨日届きました。 たはっ......。

-----

昨日は着付け仲間のオバサマ宅で自主トレで、早速締めてみました。
真綿の帯でございます~。
普通は経糸に生糸、緯糸に紬糸を使用して織るそうですが
この帯は、経糸に紬糸が使われているのザンス。
織機を見たコトがある方でしたら、お分かりかと思いますが
経糸に紬? あの細い綜絖の目に紬糸通す? えぇ~~~っ?ですよねぇ~。

画像ではわかりにくいのですが、よくよく見るとわかるかも?

20080923233813.jpg

リバーシブルになっていまして、裏は結構渋めです。
「角出しにした時に、裏のストライプがチラっと見えてステキよ~。」
と先生に言われました。 先生ったら、ワタクシが角出しスキーと知っての殺し文句。

20080923233807.jpg
ステキなお召を巻き巻きされ、その上にこの帯を締めた時点で、買いたいかもー!
と思っていたのですけど、イッタイ いかほどなのか?との不安にかられ
「コレはおいくら万円ですか?」と伺うと、「お召と一緒に買ってくれれば。」
と言われて電卓に叩き出された数字は、 う~~ん.......。バタッ!ってな価格。

すかさず先生が 
「今回は着物は諦めて帯だけ買ったら?墨流しの着物にバッチリよ!」とな。
う~~ん、、、確かにこの帯であの墨流し...........。ステキに違いあるまいっ。

あとは値段交渉ザンス。 「帯締めと帯揚げを付けて.....。」と言われましたが
「帯締めだけでいいから、もう一声お願いします。」と手を合わせまして
「これ以上はアカンで~。」 と言う金額に。(なんかもっとイケそうでしたが。)
ソレは思っていたよりも手が届く数字でして........。

20080923233819.jpg
お花の部分はモールになっています。
帯締めの飾り糸(?)もバッチリマッチしちゃっています。

日本和装では帯は買わない!と言っていたのに.....。
本当に申し訳ございません。 謹んでここにお詫び申し上げますですー。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment