スケベニンゲン その2

昨日銀座で見かけた、イタリアンレストラン・スケベニンゲン
シェフは女性で 「本場ナポリ生まれ「ルッソ社」のパスタが食べられる店はここだけ!」
と記載されていました。 なんだぁ~!そこでランチすればよかったー!

それにしても、その店名はどなんよ?と盛り上がるのは
ワタクシと友だけ???

先ほどググったら、お店のblogに店名の由来のエントリがございました。
スペルは Scheveningenでして、Wikiによりますと

最も近い発音は スヘーファニンゲン
オランダの南ホラント州 デン・ハーグ基礎自治体に
8つある地区のうちの一つで、北海に面している。
長い砂浜と観光漁港のあるリゾート地。
デン・ハーグ中心部から約6km北西にある。

日本人の間では時にスケベニンゲンとも読まれる。

とありました。

しかし、、、
「じゃ、明日のランチはスケベニンゲンで俟ちあわせ!」
なんていうのはど~なんよ?と友と盛り上がったのですけど.........。
何のレスポンスも無いので、そんな下世話なのはワタクシだけ???
と心配している今日この頃でございます。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment