な~んだ!

生地を裁断する前に、地直しというものをいたします。
素材によっていろいろと作業は違うのですが....。
詳しくはコチラをご覧下さい。(手抜きですみません....。)

綿素材の場合 縫い上がってからのお洗濯で
色落ちや縮みがないように、生地を水に浸して陰干し。
裏からのアイロンで織りの歪みを直しながら生地を整える。
と言った作業、"水通し"をいたします。


今回購入した生地は結構お高いものだったので、
生地の歪みはあまりなかったものの、
ポリウレタン混紡というコトで、縮んでは困る!と当然地直し。

陰干ししたいのは山々ですが、日の当たらないところ....室内?
いやぁ~ん!ってコトで裏返しにして干しまして、
半乾きのうちに取り込み、裏からアイロン。

水通しする前に長さを測っておき、作業終了後再度計ってみると......。

おぉ!やっぱり縮んでる。水通ししてヨカッタ♪

.........となるはずだったのだが..........。

全然縮んでないじゃん。ちっ!ムダな行程だった。orz

-----

お客様に「急がないからいつでもイイのよ~。」
と言われ、そのつもりでノンキにしていたら
「まだかしら~?」と催促されるワタクシ。

敵(!)も然る者で、今回は「早ければ早いほど嬉しいわ。」
とおっしゃいました。見抜かれている.....。

この行程さえなければ、1日早く納品できたのだが....。(^^;
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment