憎いらしい

日暮里繊街のちょうど真ん中辺りにある長戸商店さん
スカートの用の生地を探していて、コレだっ!と見つけた生地は
幅が120cm強しかなく、デザイン的にスカート丈分では間に合わず。

あ、、、 スカート丈分ですと1m以下で良いのですが、日暮里では
1m以上10cm単位でしか売ってもらえませんが。

お値段が結構高い上、毛足のある素材なので差込み裁断が出来ず
その生地を使うとなると、用尺がかなり必要となってしまい
お客様のご予算をオーバーしてしまうため、泣く泣く断念。

「こんなカンジの素材で、もう少し幅広のものはありませんか?」
と数点探して頂き、コレならイイじゃん!ってな生地を購入。
「コレは1mでイイの?」と聞かれ 「ハイ、1mで!」と応えると
「マジで? 足りないんじゃない?」と言われナンノコッチャ?と思ったら
どうやらお店のオジサン、ワタクシのものだと思っているモヨウ。

「あ、、、ワタクシのではなくお客様のです。身長が155cmぐらいかな?」と言ったら 
「あ、そう!あなたは何センチあるの?背が高い人は憎いよ!」とな。
オジサンの身長は160cm以下と思われ......。

「イマドキは既製品が安いのにねー。背が高くてあちこち間に合わないでしょ?」
と言われ 「ですねー。イマドキの洋服って生地代にもならないですよねぇ!」
と言うと 「本当だよねー。ユニクロなんて安いのにねー。可哀想に!」ですってー。

「えー。だから自分で作るんですけどー!」と言ったら 「あーそうなのかね!」
ナンテ盛り上がっていたら、その生地の端っこをお客様にサンプルとして渡したらしく
「この部分がちょっと欠けてるからオマケしてあげるね、相当得したね!」と言われ
「本当~?嬉しいナァ~!」などと大袈裟に喜びましたが、それほどでもないような?

でも 「宣伝しておいてよー。」と言われたので、そのように!

20091029155356acd.jpg

長戸商店のちっちゃいオジサン、オモロイ上にとても親切ですよ~。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment