くるみボタン

自称・生地選びの天才のワタクシでございますが、ボタン選びはとてもニガテ。
なかなかコレ!と言うものが決められません。
それに、ボタンって高すぎ! 沢山買うと目玉が飛び出します。

お客様に 「どんなボタンがよろしいでしょうか?」と伺っても
「えー?わからないからお任せします。」と言われるコトがほとんど。
「んがーっ!困ります。お客様が決めて下さい。」と言いたいところですが
なかなかそうもいきませんので、
「くるみボタンはいかがざんしょ?共布で包むので絶対にマッチします!」
と提案させて頂くと、これまたほとんどの方が同意されます。

kurumi.jpg
コチラ......お客様にお渡しした予備ボタンのさらに予備。(笑)
予備ボタンをお渡しすると、これまたほとんどのお客様が
「こう言うの貰ってもどこかに行っちゃうのよねー。」とおっしゃいます。
なので、「ワタクシも、その予備を保管しておきますのでー。」と余分に作ります。

しかし、未だに 「予備ボタンが無くなっちゃったー。」と言うお客様はゼロ。
画像のボタンはほんの一部でございまして.....。 ど~っすか?コレ.....状態。

-----

それはそうと、このくるみボタン 自分で作るキットもあるのですが
生地と金具がキッチリとハマっていない感じで、イマイチ不安です。
なので、手芸屋さんに生地を持参して、強力な道具で作ってもらうのです。

しかしー。その手芸屋さん、10年ぐらい前は駅前の商店街にあったのですが
今はウチよりもさらに奥地にお引越ししてしまいました。
なので、「●●cmのくるみボタンを●個お願いしますー。」と電話をすると
なんと!生地を取りに来て下さって、仕上がったらまたお届け下さるのですー。

なのに、ワタクシがサイズをウッカリ間違って告げてしまったため
「あのォォォ、生地を置きに伺います。」と電話をしたところ
「いいよー。遠いし道が狭いから危ないよ?」などと一蹴され
またしてもウチまで来て頂くコトに。

そしたらそこのご主人、
「●●ちゃん(←ワタクシ)ちで作ってきなさい!」と奥様に言われたそうで
くるみボタン作りキットを持参されていましたー。

「申し訳ないですー。」とお詫びをすると、「このサイズに布を切って!」
と丸い型紙を渡され、作業のお手伝いをするハメに。(笑)
「メガネ(老眼鏡)持ってこなかったからねー。良く見えないよー。」
などとおっしゃいながら、ウチの玄関先で8個も作って下さいました。

いやはや、なんとも親切な方だー。 ありがと~ございます。Wさまー!
まぁ、ココにアクセスしているハズもないでしょうけど。 あはっ。
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

まー  

まだうろうろとネットしております。
こんばんは。(笑)

へぇーーーー!!
「職人さん」ですねぇ!かっこいい!!

ご年配の方なのでしょうか…。
そういう方には、長く長く活躍していただきたいものです。

2006/03/03 (Fri) 23:08 | EDIT | REPLY |   

no_iron  

先ほどはありがとうございます。今日はUPできなくてすみませんー!(私信)

>ご年配の方なのでしょうか…。

う~~ん。ご年配って何歳ぐらいですか~?ちょっと年齢不詳ですが。(^^;
コワモテとは裏腹な優しいおじさんでございます。編み物も上手なのです!
とてもそんな風に見えないので、ちまちまと編んでいる姿を見るとビックラです。

2006/03/03 (Fri) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment