山岸幸一さん

先週の水曜日、見逃してしまった草木染作家・山岸幸一さんが出演された徹子の部屋
母の話によると、「金色の繭とグリーンの繭も使っているんだって!」とのコトで
くぅ~~~~観たかったー。 と残念がっていたら、昨日の18:30からBSで再放送がありました!

番組の内容は以下の通りで、
へぇ~!とか ほぉ~!とか うっひょ~!とか言いながら観てました。

「草木染40年!着物作家の舞台潜入」

山形県米沢に住む草木染作家・山岸幸一さんは徹底して手作りにこだわる作家である。
糸は蚕を育て真綿を作るところから、染料を作るため50種類以上もの草木を栽培するなど
一反の着物地に5年から10年をかけるとか。

今日は厳寒の中で行なわれる「寒染め」の工程をVTRで紹介。
見事な作品の数々をお楽しみ下さい。


徹子さんが山岸さんの作品をお召しになっていまして、それはそれはステキでした。
しかし、、、話を聞けば聞くほど、イッタイアレはおいくら万円なのか???
などと思ってしまったワタクシは超~下世話。

今日から9日まで、大阪高島屋のきものサロンにて展示会アリ。
京都・横浜・新宿・名古屋の各店にて巡回開催されるそうです。

1年前には、「銀座もとじ」でも展示会があったのですねぇ!
コチラに美しい反物が紹介されていました。
他にも、山岸さんについてのあれこれや グリーンの繭も紹介されています。
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

タマゴン  

高島屋で

友達が高島屋へ行ってきました
さすが手が出なかった
と申しておりました
反物は三桁万円ですって

2010/03/02 (Tue) 19:37 | EDIT | REPLY |   

no_iron  

もしや、、、

そのお友だちとはミッチーさんでしょうか?(違うかな?)

やはり、、、三桁万円ですかー。
一から十までご自分でなさる上に、5年~10年掛かるっていうのですからねぇ。
まぁ、当然と言えば当然ですけど.....。どんな方が購入されるのでしょうねぇ?

見るだけでも見てみたいです!

2010/03/02 (Tue) 20:25 | EDIT | REPLY |   

タマゴン  

名古屋帯なら

八寸名古屋なら50~70万円であったとのこと。。。

その友達はミッチーではなくて
上野での陶器市に一緒に行ったA子さんですっ
お着物に詳しい方です

2010/03/03 (Wed) 12:17 | EDIT | REPLY |   

no_iron  

ほえぇ~!

> 八寸名古屋なら50~70万円であったとのこと。。。

ナンテコッタぁぁぁぁ-----------なお値段ですね。
まぁ、あの作業工程を目の当たりにしたら納得ですが。
そんな帯締めて、飲みになんて行けませんよ~。(違)

> その友達はミッチーではなくて
> 上野での陶器市に一緒に行ったA子さんですっ

あら~、そうでしたか!
タマゴンさんは、「きもの友」が沢山いらして良いですねぇ。
日●和装で知り合ったオバサマとは、年賀状のやりとり程度で
去年の3月以来会っていませんー。

2010/03/03 (Wed) 12:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment