鳥獣戯画 その11

もう買いませんけどね、、、いや.........買えませんけどー。
鳥獣戯画・スキーとして、ネタにしないワケにはいかないざんしょ?

コチラ、かなり お上品な一品ナリ。

塩瀬素描九寸名古屋帯 鳥獣戯画

8263372.jpg

販売期間 2011年03月25日20時00分~2011年04月03日23時00分
参考上代 160,000円 (税込)
大江戸価格 50,000円 (税込 52,500 円) 送料込

つるりと滑らかな、五泉産の高級塩瀬生地に素描で描いた風趣あふれる一本。

お柄は、日本最古の漫画と言われている鳥獣戯画。
洒落着物によく使われるモチーフとして、人々に永く愛されてきました。

墨色の美しく繊細な濃淡で弓を持つ兎と蛙。
野山の線は濃く太く、動物の線は薄く細く、背後の霞はまるで匂うかのごとく。
絶妙な強弱をつけて描かれています。
兎は胡粉を足して、肌の白さを際立たせています。

とてもこのお値段でご紹介が叶うお品物ではありません。
お友達とのお食事会や和のお出掛けに、知的で洒脱な塩瀬の名古屋帯を
沢山の機会にご利用くださいませ。


う~~~ん! あのキモノに合いそうだ♪
でも名古屋帯だしなー。 買えないしな~。

.......というか、ワタクシがキモノでどこへオデカケするのかといえば、
たいていは単なる飲み会、またはランチ会。
となると、小紋に袋帯、、、なんつー仰々しいスタイルではなく
紬に名古屋帯とか、またはウールや木綿に半巾ってなカジュアルなスタイルでよさそー。

そう考えると、もう帯もきものも自分で作ればイイじゃん!ってな気がしてきたw
または、もっとオサレなパーチーとか、歌舞伎の鑑賞とか、、、
そーいう機会を作らないと、お太鼓も二重太鼓も結ばなくなっちゃうような、、、。
などと思う今日この頃、明日は日暮里でキモノに良さそうなウールを探してこよーっと!
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment