西陣織京袋帯

もう買わない!と決めている鳥獣戯画柄ですが、、、
コレ、イイなぁ~♪
復元力が高く、全通柄なので半幅帯としても使えるそうな!

とみや織物謹製 西陣織京袋帯【鳥獣戯画】

灰色の地色に、焦茶色で鳥獣戯画文様がデザインされており、
独特の意匠が存分にお楽しみいただける素敵な一本となっております。





コレもカワイイよん♪
とみや織物謹製 西陣織京袋帯【猫のかくれんぼ】

縦縞に猫の足跡、そしてよく見ると猫のシルエットが見えてくる
お洒落心たっぷりな逸品となっており、
猫好きにはたまらないお一つではないでしょうか。




京の名門『とみや織物』さんが「もっとカジュアル着物を気軽に楽しんで欲しい」
という思いから作られた新作の風通織の京袋帯でございます。

風通織とは、表の経糸と緯糸に一色、裏の経糸と緯糸に
別の一色を織り込んだ二重組織の織り方で、
文様の際で表裏二色の色変わりの間に袋状の空間が出来る事から
風通と呼ばれるようになったと言われており、
風通織はシワになりにくく、復元力が非常に良い特徴があります。

また、こちらのお品は復元力が高く、全通柄となっておりますので、
半幅帯として楽しいバリエーションの変わり結びもお楽しみいただけます。
また、別タレを利用して二通りのお太鼓結びもお楽しみいただける
逸品となっておりオススメでございます。



コチラは西陣織京袋帯ではございませんが、、、。
おび弘謹製 西陣織刺繍袋帯【荒波】


100830-oh-2-mein.jpg

味わい深い灰みの藍色から深みのある紺色への切り替えしが
面白い地色となっており、どこかモダンな雰囲気を漂わせる荒波文様が
ダイナミックに染め描かれた逸品となっております。

また、 白波の部分には丁寧に丁寧に鹿の子文様が縫い込まれており
光を受けるとさりげない上質な輝きを魅せてくれます。


かなり注目の的になるかと思われ!
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment